●インテリア小物の商品撮影 デザイン会社Sさま

以前もご依頼いただいたデザイン会社様から雑誌掲載用のページで、インテリア小物の商品撮影を行いました。

単品撮影を数点、背景を白バックで商品がきちんと見えるように撮影をしました。

今回比較的小さめの商材でしたが、イスや机など少し大きめの商材でも撮影可能ですのでお気軽にご相談ください。また商品が大きくて動かせない場合は出張撮影も行っています。

今回はBコース商品撮影で行い、お客様とイメージをご相談しながら撮影を行いました。

●インテリア小物の商品撮影

インテリアの商品撮影の場合に注意する点は、やはり商品自体の形やデザインをきちんと見せることが重要になります。

また商品の大きさによって撮影セットも変わってくるので、複数点の撮影の場合は撮影の順番も考慮します。

今回のような比較的小さい商材の場合、商品の一番見せたい部分や特徴を事前に見極め、特に商品を見るアングルを一番意識して配置しています。

基本的にインテリア商材を撮影する際は、少し商品自体の側面も見えるような角度で配置し、少し斜め上から商品を見ることでバランスよくなることが多いです。

またインテリア商材の場合、木製や金属、紙やプラスチックなど、素材がいろいろな場合が多いので、素材別でまとめてセッティングやライティングを変えることも必要になります。

さらに今回のように本などの小物と絡めて演出することで、よりリアリティーのある撮影になるのでおすすめです。


化粧品商品撮影はこちらから
化粧品商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
商品のお持ち込みもOKです!
商品のお持ち込みもOKです!
広告制作すべてをサポートします
広告制作すべてをサポートします
株式会社 mother
株式会社 mother
プロフィール撮影はこちらから
プロフィール撮影はこちらから
mother 動画チャンネル
mother 動画チャンネル