●ファッション小物の商品撮影 デザイン会社Sさま

今回デザイン会社様から雑誌掲載用ページのご依頼で、男性用のファッションビジネス小物の商品撮影を行いました。

主にブルー系の小物の単品撮影を数点、背景を白バックでライティングは影が出るような硬い光で撮影しました。

今回はBコース商品撮影で行い、お客様とイメージをご相談しながら撮影を進めました。

●ファション小物の商品撮影

今回男性用のビジネスファション小物ということで、比較的小さい商品などの撮影のポイントは、カメラレンズとアングルの選択が重要になります。

小物の商品撮影の場合、映り込みが少ない商品でもきちんとディフューザー(トレーシングペーパーなど)で商品の映り込みに対応するセッティングをすることになります。

ファション小物になると光沢感のあるものが多いため、商品を囲むようなディフィーズが必要になることもあるのできちんと事前に確認することが重要です。

またジュエリーやアクセサリーなどの小物撮影と同様、レンズはマクロレンズと呼ばれるもの、もしくはズームレンズの場合でも望遠側を使用します。

そうすることで背景をきれいにボカすことができ、商品との距離感もとりやすなるります。

さらにアングルは商品に対して、少し斜め上から見ることで商品の立体感を出し、形や特徴をとらえることができます。

そしてライティングは、今回少し影が出るような硬い光(影を落とすような光)を選択しました。カゲイキ撮影と呼ばれ、商品をシンプルにきれいに見せる撮影に向いています。

小物の撮影は商品の質感を出すため、光のグラデーションの作り方や当て方で見え方が変わるので、少しずつ調整しながら撮影を進めていきます。

特に小さい商品はデザインやモチーフを見せることが重要なので、きちんと光を当てることで商品を際立たせます。

小物の商品撮影は商品のディティールをよく観察することが大事ですね。

化粧品商品撮影はこちらから
化粧品商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
商品のお持ち込みもOKです!
商品のお持ち込みもOKです!
広告制作すべてをサポートします
広告制作すべてをサポートします
株式会社 mother
株式会社 mother
プロフィール撮影はこちらから
プロフィール撮影はこちらから
mother 動画チャンネル
mother 動画チャンネル