●ベルトの商品撮影 デザイン会社Cさま

今回デザイン会社さまからのご依頼で、雑誌掲載用のページでベルトの商品撮影を行いました。

単品撮影と組み撮影を数点、背景素材に色バッグを使用して撮影をしました。

ライティングは男性用ということもあり、影が出るような強い光で行っています。

今回はDコース商品撮影で行い、お客様とイメージをご相談しながら撮影を行いました。

●ベルトの商品撮影

ベルトの商品撮影を行う際、商品の形状が長いものになるので、どうまとめて配置して撮影するかを事前にイメージすることが重要になります。

次に考えるのはアングル。真上から見るか、少し斜めから見るのかによって商品の見え方や置き方も異なってきます。

今回は単品撮影に加え、組み撮影も行うということだったので、商品を真上(俯瞰撮影と言います。)から見ることで、撮影カットの見せ方のバリエーションをつけました。

ライティングは、ベルトの素材感(質感や光沢感)などによって、光の質や当て方を変えていますが、今回は男性用の商品なので、影が落ちるようなコントラストのある光を選択しました。

またベルトの見せるべきポイントは、デザインやモチーフはもちろん、バックル、ホール(穴)、ループの部分、裏の色や素材など、細部を見せることも大切なので注意が必要です。


化粧品商品撮影はこちらから
化粧品商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
商品のお持ち込みもOKです!
商品のお持ち込みもOKです!
広告制作すべてをサポートします
広告制作すべてをサポートします
株式会社 mother
株式会社 mother
プロフィール撮影はこちらから
プロフィール撮影はこちらから
mother 動画チャンネル
mother 動画チャンネル