●時計の商品撮影 雑誌掲載用 デザイン会社Gさま

今回、雑誌に掲載するページで時計の商品撮影を行いました。

時計を1点ずつ単品撮影で、時計を硬質なイメージで表現するために背景素材を石板と木を使用しました。ライティングは少し影が出るような硬めのライトで行っています。

今回はイメージUP商品撮影で、事前にお客様とイメージを共有しながら撮影を行いました。

●時計の商品撮影にあたって

時計の商品撮影を行う際、まず素材は何かということを気をつけています。

ベルト部分がステンレス、レザーなどによってライティングをどうするか、ハイライト部分(光のグラデーション)を時計のどの部分にいれるのかなど、事前に細かいチェックをします。

時計やジュエリーなどの高価な1点ものの商品撮影は、高級感を出すためにイメージを考えながら、背景素材から演出までお客様と話しがら進めています。



化粧品商品撮影はこちらから
化粧品商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
商品のお持ち込みもOKです!
商品のお持ち込みもOKです!
広告制作すべてをサポートします
広告制作すべてをサポートします
株式会社 mother
株式会社 mother
プロフィール撮影はこちらから
プロフィール撮影はこちらから
mother 動画チャンネル
mother 動画チャンネル