●時計の商品撮影 WEBコンテンツ掲載用 デザイン会社Kさま

今回デザイン会社さまからのご依頼で、商品紹介のWEBコンテンツとして掲載するページの時計の商品撮影を行いました。

時計を1点ずつ単品撮影、2点セットの組み撮影を行い、背景素材を色バックを使用しました。ライティングは少し影が出るような硬めのライトで行っています。

今回はDコース商品撮影で、お客様と相談しながら撮影を進めました。

●時計の商品撮影の準備

時計の商品撮影を行う際に準備することは、まず商品が腕に付けられることをイメージして、時計をひとつひとつ立体感がでるように丸く固定することから始めます。その後、一番美しいと言われる、10時8分〜10分の位置に長針と短針を合わせます。


●時計の商品撮影の注意点

時計を撮影する際の注意点は、特にフェイスの部分のロゴや色、ベゼルや針、竜頭、ベルトやメタルなどの質感まで、時計の撮影は細かいところまで再現するように、微妙な細部に注意しながら行っています。


化粧品商品撮影はこちらから
化粧品商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
ジュエリー・アクセサリー商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
時計商品撮影はこちらから
商品のお持ち込みもOKです!
商品のお持ち込みもOKです!
広告制作すべてをサポートします
広告制作すべてをサポートします
株式会社 mother
株式会社 mother
プロフィール撮影はこちらから
プロフィール撮影はこちらから
mother 動画チャンネル
mother 動画チャンネル